分析依頼の流れ

〈受託分析〉
 
●分析項目
  (1)総ポリフェノール濃度分析
  (2)ORAC(AOU)分析
  (3)アントシアニジン分析
  (4)レスベラトロール分析
  (5)ポリフェノールプロファイル分析

●分析対象と必要量
  (対象)
    果実、野菜、豆類、いも類、穀類など素材そのもの
    抽出液、濃縮液、飲料などの液体
    ペースト、フリーズドライしたもの、粉末、顆粒などの固形物
    加工品および加工途中段階の産物、加工残渣
    その他、対応いたしますのでご相談ください。
  (必要量)
    固形物(果実、根菜など)
        ・生鮮品・・・200g程度(遮光冷蔵)
        ・粉末(凍結乾燥品)・・・1g程度(遮光冷蔵)
        ・その他(ペーストなど)・・・200g程度(遮光冷蔵または冷凍)
    液体(抽出液、濃縮液、飲料など)
        ・50ml程度(遮光冷蔵または冷凍)
        ・瓶やボトル等容器に入った商品・・・未開封のものが望ましい



■分析依頼要項

  1.ご依頼
    当センターまでご連絡下さい。詳細について説明致します。
  2.分析依頼申込
    分析依頼申込書に必要事項をご記入後、FAX又はe-mailにて送付下さい。
    申込完了時、データベースのアクセスのための「ID」と「パスワード」をお知らせします。
  3.搬送用保冷容器、必要書類の送付
    当センターより、搬送用保冷容器および梱包、発送に関する書類などを送付致します。
  4.依頼品梱包、発送
    書類に従い、梱包後、当センターへお送り下さい。
  5.依頼品分析
    到着後、分析を開始致します。
  6.結果報告書作成、データベースへの登録
    分析データを所定の様式にて報告書を作成すると共にデータベースへの分析データのアップロードを行います。
  7.結果報告書の発送
    様式に従い作成した結果報告書を発送すると共に、データベースへのアクセスにより依頼者の結果のみいつでもどこでもPDFにてダウンロード可能です。


■分析試験のご依頼に際して

当センターにおいて、分析試験を受託させていただきます際にご了解いただきたい事項を下記に記載いたしましたので、 ご依頼に際してご一読いただきますようお願いいたします。

(分析試験の受託)
  ●当センターが、試験目的、試験方法、被検素材等に不適切と判断する内容の分析試験については、受託に応じられません。又受託後不適切であることが
    判明した場合、分析試験を中止いたします。
  ●当分析センターの分析試験項目名は当分析センターの項目となります。

(受託分析試験の秘密保持)
  ●当センターは受託した分析試験によって知りえた事項をご依頼者及びご指定いただいた者以外に開示いたしません。但し当分析センター内、抗酸化機能
    食品素材データベースに、統計上の資料として、蓄積されることをご了解ください(ご依頼者の情報は、もちろん秘匿されます。)

(分析試験の方法)
  ●分析試験の方法は、各種の規定に基づく方法とし、分析機器については、ポリフェノール測定器(東洋紡績社製)、超高速液体クロマトグラフィーUPLC(ウ
    ォーターズ社製)、CoulArray(ESA社製)によるポリフェノール類の分析および蛍光プレートリーダー(DSファーマバイオメディカル社製)による抗酸化機能
    分析を行います。

(分析試験の被検素材)
  ●被検素材は、原則、無償でご提供いただきます。
  ●被検素材の調製方法、調製量に関しては当分析センターの判断で処理いたします。注意事項がある場合は別途ご指示下さい。
  ●被検素材は原則としてお返しいたしません。但し稀少品で残余被検素材の返却をご希望の場合は、その旨、分析試験依頼書にご記入下さい。
  ●返却のご希望のない場合は分析終了後被検素材の一部は当センターにて保存いたします。データベースを充実させるため分析項目を新設していく予定で
    すが、その場合、保存素材を用いて分析を行うことがあります。その際にご相談させていただきますのでご協力をお願いいたします。

(変更、中止)
  ●分析試験受付後の変更、中止については、その旨を文書にてご連絡ください。
  ●検体固有の事由により、分析不能となることがありますので予めご了承ください。

(終了予定日)
  ●終了予定日は、分析試験の状況により遅れる場合がございますので、ご了承ください。
  ●分析試験成績書等を送付させていただく場合は、終了予定日が発送予定日となります。

(分析試験手数料)
  ●分析試験は、現時点では無料で実施いたします。しかしながら、知的クラスター事業終了後においては、有料化になる可能性があります。

(分析試験成績書、報告書)
  ●分析試験成績書の発行後は記載された分析結果はもとより、ご依頼者、被検素材名称についての変更はできません。
  ●分析試験成績書等は、和文にて正本を一部発行いたします。

(分析試験成績書等の掲載使用)
  ●分析試験成績書等及び試験データはご依頼者に帰属いたしますが、商品、ラベル、チラシ等に記載する場合は当センターにて定めております掲載規約に
    従い実施してください。
  ●上記記載規約の定めによらない貴社・貴団体の作成した掲載物により当センターの名誉、信用が大きく傷つけられた場合は、法令の定めるところに従い
    損害賠償請求措置をとります。

(分析試験成績書等に関する経済的負担の免責)
  ●分析試験結果及び分析試験成績書等に起因する紛議、経済的負担に関して当センターは一切の責任を負いません。

(個人情報の利用目的)
  ●ご依頼者の個人情報は、試験、検査、審査、調査、研究、コンサルティングにかかわる連絡及び当センターが実施する各種情報の提供や他の業務の案内
    に限り、利用いたします。
    以上の事項に関して疑義が生じた場合、両者誠意を持って協議の上解決に当たるものとする。


   <<戻る