Topics

ベリー類はパーキンソン病を防御します


平成23年05月23日

ハーバード大学医学部Xiang Gao博士らの研究グループでは、抗酸化物質であるフラボノイド類が豊富な食品、特にベリー類を摂取する人々は、パーキンソン病の発症を予防しうることを、4月の米国神経学会大会で報告しました。

ベリー類などに含まれるアントシアニンが被験者の男女ともに防御作用を有しました。また、すべてのフラボノイド類が同等に予防に関連するわけではないとしています。

(2011.05.11 健康食品新聞)