Topics

焙煎コーヒー豆の抗酸化物質


平成23年04月26日

ブリティッシュコロンビア大学の研究グループは、焙煎されたコーヒー中の抗酸化物質は、主に高温化で褐色になるメイラード反応により生じることを明らかにしました。

また、コーヒー豆は焙煎の過程でクロロゲン酸の90パーセントを失うことも明らかにしました。

(2011.04.20 健康食品新聞)