インゲン豆の種類

  主なインゲン豆の種類を以下に示します。
  
  白ベニバナインゲン 白花豆(シロベニバナインゲン)
花も実も真っ白なべにばないんげん。煮豆、甘納豆の原料になるほか、さまざまな料理に使われる。
 
  ベニバナインゲン 紫花豆(ベニバナインゲン)
赤い花をつけるべにばないんげんは紫に黒い斑が入った実を結ぶ。
主に煮豆、甘納豆の原料になる。
 
  大福豆 大福豆(おおふくまめ)
大粒で食味がよい。お正月の豆きんとん、高級和菓子などに使われるほか、さまざまな料理に使われる。
 
  とら豆 とら豆
模様が虎に似ていることから、この名がついた。煮えやすいのに粘りがあり食味がよいため「煮豆の王様」と呼ばれている。
 
  金時豆 金時豆
「赤いんげん」とも呼ばれ、いんげん豆の代表的な種類。甘い煮豆のほか、西洋料理とも相性がいい。
 
  手亡 手亡(てぼう)
栽培するとき「手竹」と呼ばれる支柱が不要なことから、この名がついた。ほとんどが白餡の原料になる。
 
  参考 農林水産省HP 日本で採れる「豆」のいろいろ図鑑