菜豆のいろいろ

  インゲン豆
 
  
  菜豆とは、いわゆるインゲン豆のことです。インゲン豆は、若ざやを野菜のように食べる
食べかたと 子実を豆として食べる食べ方があります。

豆として食べるインゲン豆は、大きく次の二種類に分けられています。
一つは栽培に手竹を用いない「普通菜豆」で、
もうひとつは蔓(つる)性で手竹栽培する「高級菜豆」です。

高級菜豆は、植物の種類としては「インゲンマメ(Phaseolus vulgaris L.)」と
「ベニバナインゲン(Phaseolus coccineus L.)」の二種があります。
ベニバナインゲンは別名「花豆」と呼ばれています。

さらに色、模様、大きさなどにより、およそ以下の図のように分類されています。
  インゲン豆の分類