北海道の小豆品種作付面積


  明治時代から、北海道では様々な品種の小豆が育種されてきました。
北海道の冷涼な気候は、病害虫の被害が少なく、農薬の量も少なくて済みますが、
数年に一度の冷害にも耐えることの出来の品種が必要となってきます。

平成22年、北海道で生産されている小豆の主な品種とその作付面積を以下に示します。
  大納言小豆の作付面積
 
  普通小豆の作付面積