ねぎの栄養
 

ネギには独特の強い香りがありますが、これは「硫化アリル」と呼ばれる成分です。
硫化アリルは、ビタミンB1の吸収や働きを高め、疲労を回復させる効能や、
消化液の分泌を良くして、食品の消化、吸収を高める効能があります。
硫化アリルは、血液をサラサラにして、血行を良くして体を温める働きもあります。

関東では主に白い部分(葉鞘)を食べる根深ねぎが栽培され、
関西では緑の葉の先端部まで食べられる柔らかい葉ねぎが栽培されています。
  ねぎの栄養1
 
  ねぎの栄養2