ぶどう中のレスベラトロールの増加 
 
  レスべトロールはブドウのフィトアレキシンです。
そのため、ぶどうに様々なストレスがかかると、そのストレスに対抗するために
含有量を増やします。

灰色かび病などの病気に感染したぶどうでは、含有量が増加します。
また着果時や収穫後の紫外線照射、着荷部位の光量を増やすことでもレスベラトロール含量は
増加します。

ブドウ生育期の気象条件とワイン中のトランスレスベラトロールの関係を調べたところ、
温度が高い条件下で収獲されたブドウはレスベラトロール量が少なくなる傾向が
認められたとの報告があります。

また近年、修飾シクロデキストリンの一種やグルコサミンの噴霧が
トランスレスベラトロールの 蓄積を促進することが明らかになっています。
  レスべトロール増加要因