ブドウの生産量
 

平成22年産果樹生産出荷統計によると、ブドウの全国での収穫量は184,800t、
出荷量は168,500t、結果樹面積は18,000haとなっています。

平成22年産の収穫量は前年産に比べ17,400t、出荷量は16,300tと、
それぞれ約9%ずつ減少しました。
これは、果実肥大期の高温の影響により果実の肥大が抑制されたため、
単位面積当たり収量が落ちたためです。

結果樹面積は18,000haで、前年産に比べて300ha(2%)減少しました。
これは、生産者の高齢化に伴う廃園等が進んだためです。

都道府県別にみた収穫量割合は、山梨県が24%、長野県が13%、
山形県が11%となっており、この3県で全国の約5割を占めています。
  平成22年ブドウの結果樹面積など
 
  平成22年ブドウの結果樹面積
 
  平成22年ブドウの収穫量
 
  平成22年ブドウの出荷量
 
  ブドウ結果樹面積の推移
 
  ブドウ収穫量出荷量の推移
 
  農林水産省 作物統計より