ブドウの苗木


  ブドウの苗木は挿し木でもできますが、一般には台木を使った接ぎ木苗が使われます。
これはフィロキセラ(ブドウネアブラムシ)による被害を防ぐためです。
フェロキセラはブドウの大害虫で、ブドウの根と葉に寄生してこぶを作り、
ブドウの木を枯らしてしまいます。

もともとヨーロッパには存在しなかったのですが、1860年頃、アメリカブドウが
ヨーロッパに導入されたと同時にフィロキセラも持ち込まれました。

一時期ヨーロッパブドウは全滅の危機に陥ったのですが、フィロキセラ耐性の強い
アメリカブドウと交雑によりフィロキセラ耐性台木を育成し、難を逃れました。

現在も様々な病害虫に威勢のある台木、接ぎ木の品種に適した台木など
様々な研究、改良がおこなわれています。
  ブドウの苗木