ワインの飲み頃温度
 

  同じワインでも、温度が違えば味わいも違って感じられます。
温度が高すぎれば、一般に味に締まりがなくなり、冷やしすぎればまろやかさが失われ、
香りのたちが少なくなります。
一般に赤ワインが高めで、白ワインが低めといわれています。

赤ワインは室温でといいますが、これはヨーロッパでの石造りの部屋の室温、
15~18℃をいいます。タンニンのある味のしっかりした熟成タイプの赤なら、
18℃前後、夏の暑い日では冷蔵庫で30分程度冷やした状態です。
同じ赤でもボディの軽いフルーティーなタイプはもう少し冷たく、15℃前後。
ボジョレー・ヌーボーのような若飲みタイプだと、12℃くらいがいいでしょう。

白ワインは一般に10℃前後ですが、これもコクのあるタイプかさっぱりタイプかで、
2℃くらい前後します。
さっぱりした酸味のあるタイプは冷やし気味がおいしく飲めます。

スパークリング・ワインではさらに低く、5℃くらいが適温です。
が、いわゆる「キンキンに冷えた状態」はワインには不向きです。
ちなみに、急いで冷やしたいときは氷水を使うのがベスト。
肩までつけておけば、20~30分程度で冷えるでしょう。


  参考 東京都国税局HP
  ワイン画像
http://vol01.eyes-art.com/0554.html