特殊なワインの作り方


  そのほか、ワインの特殊な作り方として、次のようなものがあります。

1) カーボニック・マセレーション
2) 貴腐ワイン
3) アイスワイン
4) クリオエキストラクション
5) 冷凍果汁仕込み

カーボニック・マセレーションは、ボジョレーヌーボーの作り方として知られています。
ブドウを房ごとタンクにいれ、炭酸ガスを充填し発酵させます。

貴腐ワイン、アイスワイン、クリオエキストラクション、冷凍果汁仕込みは
糖度の高いデザートワインを作るものです。

灰色かび病の原因菌のボトリティス・シネレア菌が成熟したぶどう果についた場合は、
果皮の表面のロウ質が溶けて果粒中の水分の蒸発が促進され、その結果ぶどうの
糖度が大きく上昇します。この現象を貴腐といい、貴腐ブドウからつくられたワインを
貴腐ワインといいます。

ブドウが完熟したあとも収穫せずにそのまま畑においておき、冬の寒波でブドウが
凍結したら日の出前に収穫し、搾汁した果汁で作られたワインを、アイスワインと
言います。糖度の高い果汁でつくられます。

アイスワインは自然の条件で凍結したブドウで作られますが、人工的に冷凍庫で
凍らせたブドウで作る作り方を、クリオエキストラクションといいます。
搾汁したブドウ果樹を凍らせた場合、冷凍果汁仕込みとなります。
アイスワイン同様に糖度の高い果汁を得ることができます。
  特殊なワインの作り方