ワインの分類(色による分類)
 

ワインはその色で大きく赤、白、ロゼの三種に分類されます。
これらのワインは、原料になるブドウと、その作り方の違いで生まれます。

  1. 赤ワイン  
  黒ブドウを使い、果皮や種子とともに発酵させたもの。
一般的には辛口で、果皮に含まれるタンニンから、渋みとコクが生まれます。

  2. 白ワイン  
  一般的には白ブドウ(とはいっても緑色)を使い、果皮や種子を取り除き
果汁だけを発酵させたものです。渋みが少なく、すっきりフルーティーな味わいです。
甘口から辛口まで楽しめます。

  3. ロゼワイン  
  赤ワインをつくる途中で、ほんのりバラ色になったころに、果皮や種子を取り除き、
さらに発酵させて作ります。黒ブドウと白ブドウを混ぜて発酵させるものもあります。
甘口から辛口まであります。

また、赤ワイン用ブドウで白ワインのように果汁だけを発酵させたものもあります。
絞ったときに果汁に色がつき、ほんのりピンク色のワインになります。

  参考 東京都国税局HP
  ワインの作り方