クロロゲン酸
英名 Chlorogenic acid
クロロゲン酸
C16H18O9
354.311
327-97-9
6537496
   
抗酸化作用7)
細胞  神経突起伸長を促進(ラット胎児海馬神経細胞)1)抗結腸癌活性(ヒト)4)
    マクロファージ様細胞アポトーシス誘導(マウス)7)
動物  高血糖抑制(ラット)2) アルコール性胃粘膜障害の抑制(ラット)6)
    エーテルストレスにより引き起こされる緊張を緩和(ラット)8)
    高血圧予防(ラット)9)
ヒト  高血圧予防3) 5)
   
ブルーベリー、びわ、ししとうがらし、ごぼう、なす、せり、こまつな、ブラックカラント
タアサイ、りんご、アスパラガス、もも、レタス、チンゲンツァイ、いちご、レタスサラダな
   
色からみた食のサイエンス 植物資源の生理活性物質ハンドブック  機能性食品の事典
   
1)クロロゲン酸とその代謝物であるm-クマル酸は海馬神経細胞において神経突起伸長を促進させる(Chlorogenic Acid and Its Metabolite m-Coumaric Acid Evoke Neurite Outgrowth in Hippocampal Neuronal Cells)
Author:ItoHideyuki(岡山大学 医歯薬学総合研究科創薬生命科学専攻生薬化学), SunXiu-Lan, WatanabeMakiko, OkamotoMotoi, HatanoTsutomu
Source:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(0916-8451)72巻3号 Page885-888(2008.03)
PMID: 18323641
ラット胎児
2)Nerium indicumの葉から得られた食後高血糖抑制剤の性質(Characterization of Inhibitors of Postprandial Hyperglycemia from the Leaves of Nerium indicum)(英語)
Author:IshikawaAkiko(岡山県立大学 栄養科学科), YamashitaHiromi, HiemoriMiki, InagakiEiko, KimotoMasumi, OkamotoMasahiko, TsujiHideaki, MemonAllah Nawaz, MohammadiAlli, NatoriYasuo
Source:Journal of Nutritional Science and Vitaminology(0301-4800)53巻2号 Page166-173(2007.04)
PMID: 17616005
クロロゲン酸がN.indicumの葉に存在する主要な抗高血糖化合物であることが示された。ラット
3)正常高値血圧者を対象としたヒドロキシヒドロキノン低減コーヒーの降圧効果
Author:山口亨(花王ヘルスケア第一研究所), 千竃映郎, 稲葉三紗子, 落合龍史, 桂木能久, 時光一郎, 土田隆, 齊藤郁夫
Source:Progress in Medicine(0287-3648)27巻3号 Page683-694(2007.03)
クロロゲン酸類を含有するHHQを低減したコーヒーは、高血圧を予防、改善する効果を有すると考えられた。
4)Centaurea gigantea(キク科Asteraceae)地上部からのフェノール化合物の抗結腸癌性(Anti-colon cancer potential of phenolic compounds from the aerial parts of Centaurea gigantea (Asteraceae))
Author:ShoebMohammad(バングラデシュ), JasparsMarcel, MacManusStephen M., CelikSezgin, NaharLutfun, Kong-Thoo-LinPaul, SarkerSatyajit D.
Source:Journal of Natural Medicines(1340-3443)61巻2号 Page164-169(2007.04)
ヒトCaCo-2結腸癌細胞株 クロロゲン酸はかなりの抗結腸癌活性を示した。
5)ヒトにおける血圧及び血管内皮機能に及ぼすヒドロキシヒドロキノン削減コーヒー中のクロロゲン酸の作用 (Effects of chlorogenic acids in hydroxyhydroquinone-reduced coffee on blood pressure and vascular endothelial function in humans)(英語)
Author:ChikamaAkiro(花王), YamaguchiTohru, WatanabeTakuya, MoriKenta, KatsuragiYoshihisa, TokimitsuIchiro, KajimotoOsami, KitakazeMasashi
Source:Progress in Medicine(0287-3648)26巻7号 Page1723-1736(2006.07)
6)植物エキス発酵液の抗酸化活性とアルコール性胃粘膜障害の抑制効果
Author:岡田秀紀(大高酵素), 工藤雄博, 福士江里, 小野寺秀一, 川端潤, 塩見徳夫
Source:日本栄養・食糧学会誌(0287-3516)58巻4号 Page209-215(2005.08)
クロロゲン酸とコーヒー酸は100-200mg/体重kgの投与でアルコール性胃粘膜障害の抑制効果を示した. ラット
7)クロロゲン酸類のDPPHラジカル消去活性とマウスマクロファージ様細胞に対する影響について
Author:渡辺悟(聖徳栄養短期大学), 三沢尚子, 坂上宏
Source:聖徳栄養短期大学紀要(0286-6366)34号 Page7-12(2003.12)
マウス マクロファージ様細胞アポトーシス誘導
8)実験的閉経期モデルラットの血漿副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)及びカテコールアミン濃度に対するPrunus mumeからのベンジルグルコシド及びクロロゲン酸の効果(Effects of Benzyl Glucoside and Chlorogenic Acid from Prunus mume on Adrenocorticotropic Hormone (ACTH) and Catecholamine Levels in Plasma of Experimental Menopausal Model Rats)
Author:InaHiroji(東京薬科大学 薬剤部), YamadaKenji, MatsumotoKosai, MiyazakiToshio
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)27巻1号 Page136-137(2004.01)
PMID: 14709918
ラット エーテルストレスにより引き起こされる緊張を緩和
9)ウメ由来のbenzyl glucoside及びchlorogenic acidのラットにおけるアンギオテンシン転換酵素,アルドステロン,及びコルチコステロン値に及ぼす影響(Effects of Benzyl Glucoside and Chlorogenic Acid from Prunus mume on Angiotensin Converting Enzyme, Aldosterone and Corticosterone Levels in Rat Plasma)
Author:InaHiroji(東京薬科大学 薬学部), YamadaKenji, MatsumotoKosai, MiyazakiToshio
Source:Natural Medicines(1340-3443)57巻5号 Page178-180(2003.10)
ラット CA投与ではACEの有意な減少
メモ
コーヒーの糖尿病予防効果を説明する栄養成分の薬理学(総説)
Author:岡希太郎(東京薬科大学)
Source:薬学雑誌(0031-6903)127巻11号 Page1825-1836(2007.11)
PMID: 17978558
クロロゲン酸の生物学的利用率は低く、ヒトでの正確な数値は示されていない。
クロロゲン酸は腸内細菌により加水分解され、産生したカフェ酸が吸収される。
(14 コーヒー酸/カフェ酸参照)
食品中のクロロゲン酸含量とDPPHラジカル消去能
Author:下橋淳子(駒沢女子短期大学)
Source:駒沢女子短期大学研究紀要(0288-4844)40号 Page57-60(2007.03)
サツマイモでは、クロロゲン酸含量とDPPHラジカル消去能の間に正の相関関係が認められた。レンコンやゴボウでは、皮の部分にクロロゲン酸をはじめとする抗酸化性成分が多く分布していることが分かった。
ラットにおけるDaqingye注射剤腹腔内投与後の血漿中クロロゲン酸濃度の高速クロマトグラフィーによる測定(Determination of Chlorogenic Acid in Rat Plasma by High Performance Chromatography after Peritoneal Administration of Compound Daqingye Injection)(英語)
Author:YuanBo(中華人民共和国), QiaoMingxi, XuHaiyan, WangLei, LiFamei
Source:薬学雑誌(0031-6903)126巻9号 Page811-814(2006.09)
PMID: 16946595
クロロゲン酸の吸収・代謝は速やかで、ラット腹腔内投与後の最高血中濃度は13.33分後に7.53μg/mlとなり、半減期は59.1分であった。
生コーヒー豆抽出物の軽度高血圧症患者に対する降圧効果(Antihypertensive Effect of Green Coffee Bean Extract on Mildly Hypertensive Subjects)
Author:KozumaKazuya(花王ヘルスケア研究所), TsuchiyaShigemi, KohoriJun, HaseTadashi, TokimitsuIchiro
Source:Hypertension Research(0916-9636)28巻9号 Page711-718(2005.09)
PMID: 16419643
軽度高血圧症例における生コーヒー豆抽出物GCEの日常的摂取による血圧低下効果が示唆された