フィセチン
英名 Fisetin
フィセチン
C15H10O6
286.239
528-48-3
5281614
   
細胞  ベータアミロイド凝集抑制、アルツハイマー治療(ハツカネズミ)2)、抗アレルギー作用(好塩基球、肥満細胞)3) (ラット)5)、抗癌作用(ヒト結腸直腸、乳房腺癌細胞)4)

動物  記憶力向上(マウス)1)
   
イチゴ、リンゴ、柿、モモ、ブドウ
   
   
1)武蔵野大学薬理学研究室

2)http://www.j-tokkyo.com/2007/A61K/JP2007-145839.shtml
ハツカネズミHT22細胞 ベータアミロイド凝集の抑制 アルツハイマー病治療
3)http://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/3/1/3_1/_article/-char/ja
アレルギーとフラボノイド
田中 敏郎 平野 亨, 比嘉 慎, 有光 潤介, 河合 麻理
大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫アレルギー・感染内科学講座
日本補完代替医療学会誌 Vol. 3 (2006) , No. 1 pp.1-8
好塩基球や肥満細胞 サイトカインまた CD40 リガンドの発現を抑制する活性
抗アレルギー
4)培養癌細胞におけるフラボノイドおよびジアゼパムの比較抗癌作用(Comparative Anticancer Effects of Flavonoids and Diazepam in Cultured Cancer Cells)
Author:KimDae-Hyun(韓国), LeeJae-Tae, LeeIn-Kyu, HaJeoung-Hee
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)31巻2号 Page255-259(2008.02)
PMID: 18239283
5)Cryptomeria japonica(スギ)花粉に含まれる抗アレルギー物質はRBL-2H3細胞の脱顆粒に対し多様な効果を示す(Anti-allergic Substances Contained in the Pollen of Cryptomeria japonica Possess Diverse Effects on the Degranulation of RBL-2H3 Cells)
Author:MorimotoYukiko(広島大学 医歯薬総合研究 薬効解析科学), YasuharaTadashi, SugimotoAkiko, InoueAtsuko, HideIzumi, AkiyamaMitoshi, NakataYoshihiro
Source:Journal of Pharmacological Sciences(1347-8613)92巻3号 Page291-295(2003.07)
PMID: 12890895