ゲニステイン
英名 Genisteine、α-Isosparteine
ゲニステイン
C15H10O6
234.387
446-95-7
92759
   
抗酸化作用、チロシンキナーゼ活性阻害10)

細胞  血管内皮細胞保護効果(ヒト臍帯血由来細胞)2)6)、抗動脈硬化(ラット大動脈平滑筋細胞)7)、白血病細胞増殖阻害、細胞死誘導(成人T細胞白血病細胞)11)15)、細胞死誘導(PC12細胞)12)(マウス原発性胸腺)15)
ガン細胞の放射線感受性増強(ヒト子宮頸癌細胞)細胞増殖抑制(ヒト前立腺癌細胞)21)腫瘍抑制効果(ラット乳癌細胞)

動物  パーキンソン病予防(マウス)1)4)、抗アレルギー作用(マウス)3)、放射線防御効果(マウス)5)、抗腫瘍形成作用(ラット)9)、心筋線維症の進行抑制(ラット)14)、アトピー性皮膚炎抑制(ラット)17、)胃粘膜保護(ラット)18)、骨石灰化減少を防ぐ(ウズラ)19)、放射線防御と造血回復刺激効果(マウス)20)、解熱作用(ラット)23)、脳蛋白質合成に影響(24)

ヒト 骨粗鬆症8)
   
大豆、大豆加工食品
   
大豆イソフラボンとして
ダイゼイン(配糖体ダイジン)、ゲニステイン、グリシテインなど
フェノール性化合物で、強い紫外吸収域を持つ
大豆中では主に配糖体として存在するため、水溶性が高い。
女性ホルモン様作用、抗ホルモン作用(ゲニステイン)invitro、人肝癌由来細胞
癌化関連酵素の阻害作用(ゲニステイン)invitro
血管新生阻害作用(ゲニステイン)invitro
抗酸化作用(ゲニステイン、ダイゼイン)
細胞増殖抑制作用invitro(ゲニステイン)
成人病 冠状動脈疾患、骨粗しょう症、
植物資源の生理活性物質ハンドブック
   
1)生活習慣を重視したパーキンソン病の診療 病因探求と予防への夢
Author:植木彰(自治医科大学附属さいたま医療センター 神経内科)
Source:運動障害(0917-5601)18巻2号 Page57-64(2009.01)
2)内皮細胞の酸化損傷におけるゲニステインの効果(Effects of Genistein on Oxidative Injury in Endothelial Cells)
Author:HuangGuowei(中華人民共和国), LiuYinghua, ChangHong, ZhangXumei, RenDalin, WilsonJohn X., CaoXiaohong
Source:Journal of Nutritional Science and Vitaminology(0301-4800)54巻5号 Page402-408(2008.10)
PMID: 19001773
3)大豆イソフラボンと免疫(Soy isoflavones and immunity)
Author:SakaiTohru(徳島大学 ヘルスバイオサイエンス研究部実践栄養学), KogisoMari
Source:The Journal of Medical Investigation(1343-1420)55巻3-4 Page167-173(2008.08)
PMID: 18797128
4)パーキンソン病マウスモデルにおいてゲニステインがドパミン作動性ニューロンに及ぼす神経保護効果 (Neuroprotective effects of genistein on dopaminergic neurons in the mice model of Parkinson's disease)
Author:LiuLi-Xing(中華人民共和国), ChenWen-Fang, XieJun-Xia, WongMan-Sau
Source:Neuroscience Research(0168-0102)60巻2号 Page156-161(2008.02)
PMID: 18054104
5)高線量全身照射後生存したマウスにおける、遅延性の肺続発症バイオマーカーに対するゲニステインによる防御(Genistein Protects Against Biomarkers of Delayed Lung Sequelae in Mice Surviving High-Dose Total Body Irradiation)
Author:DayRegina M.(米国), Barshishat-KupperMichal, MogSteven R., MccartElizabeth A., PrasannaP.G.S., DavisThomas A., LandauerMichael R.
Source:Journal of Radiation Research(0449-3060)49巻4号 Page361-372(2008.07)
PMID: 18434686
6)味噌の熟成過程における大豆イソフラボンの変動と血管内皮障害における影響
Author:神山真澄(長野県工業技術総合センター 食品技術部門), 岸本良美, 谷真理子, 宇都宮一典, 近藤和雄
Source:機能性食品と薬理栄養(1348-2564)5巻3号 Page167-174(2008.10)
7)ゲニステインはp27kip1誘導を介したラット大動脈平滑筋細胞増殖を阻害する(Genistein Inhibits Rat Aortic Smooth Muscle Cell Proliferation Through the Induction of p27kip1)
Author:YuJi-Yeon(韓国), LeeJung-Jin, LimYong, KimTack-Joong, JinYong-Ri, SheenYhun Y., YunYeo-Pyo
Source:Journal of Pharmacological Sciences(1347-8613)107巻1号 Page90-98(2008.05)
PMID: 18490856
8)骨粗鬆症の栄養学 食餌性植物エストロゲン濃度と骨密度との関係
Author:堀内敏行〔東京都立豊島病院 内分泌代謝内科), 臼井健, 小野内常子
Source:Osteoporosis Japan(0919-6307)16巻2号 Page182-186(2008.04)
9)ラットでのN-ニトロソジエチルアミン誘発性およびフェノバルビタール促進性の肝腫瘍形成における脂質過酸化および膜結合酵素に及ぼすゲニステインの作用(Effect of Genistein on Modulating Lipid Peroxidation and Membrane-bound Enzymes in N-Nitrosodiethylamino-induced and Phenobarbital-promoted Rat Liver Carcinogenesis)
Author:ChodonDechen(インド), ArumugamAadhitya, RajasekaranDevaraja, DhanapalSakthisekaran
Source:Journal of Health Science(1344-9702)54巻2号 Page137-142(2008.04)
10)IL-1βはヒト歯髄細胞においてウロキナーゼ型プラスミノゲン活性化因子の発現および分泌を促進する (IL-β stimulates urokinase-type plasminogen activator expression and secretion in human dental pulp cells)
Author:KamioNaoto(日本大学松戸歯学部 再生歯科治療学講座), HashizumeHideki, NakaoSumi, MatsushimaKiyoshi, SugiyaHiroshi
Source:Biomedical Research(0388-6107)28巻6号 Page315-322(2007.12)
PMID: 18202522
11)大豆由来イソフラボンはin vitro やin vivoの成人T細胞白血病細胞の増殖を阻害する(Soy-derived isoflavones inhibit the growth of adult T-cell leukemia cells in vitro and in vivo)
Author:YamasakiMasao(宮崎大学 農学部応用生物化学科), FujitaSatoshi, IshiyamaErina, MukaiAyako, MadhyasthaHarishkumar, SakakibaraYoichi, SuikoMasahito, HatakeyamaKinta, NemotoTakayuki, MorishitaKazuhiro, KataokaHiroaki, TsubouchiHirohito, NishiyamaKazuo
Source:Cancer Science(1347-9032)98巻11号 Page1740-1746(2007.11)
PMID: 17727682
12)カスパーゼ媒介性DNA断片化に伴うケルセチン誘発性PC12細胞死(Quercetin-Induced PC12 Cell Death Accompanied by Caspase-Mediated DNA Fragmentation)
Author:SasakiMasumi(千葉大学 薬学研究院薬効薬理学), NakamuraHiroyuki, TsuchiyaShizuko, HorieSyunji, KashiwayanagiMakoto, SaitoTakeshi, MurayamaToshihiko
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)30巻4号 Page682-686(2007.04)
PMID: 17409502
13)子宮頸癌HeLa細胞に対する電離放射線とゲニステインの組合せ療法(Combined Treatment of Ionizing Radiation With Genistein on Cervical Cancer HeLa Cells)(英語)
Author:ZhangBei(中華人民共和国), LiuJia-Yin, PanJin-Shun, HanSu-Ping, YinXiao-Xing, WangBing, HuGang
Source:Journal of Pharmacological Sciences(1347-8613)102巻1号 Page129-135(2006.09)
PMID: 16990704
14)ラットの心臓血管におけるコラーゲン蓄積に対する大豆イソフラボンの阻害効果(Inhibitory Effects of Soy Isoflavones on Cardiovascular Collagen Accumulation in Rats)
Author:MizushigeTakafumi(愛媛大学 農学部応用生命化学), MizushigeKatsufumi, MiyatakeAkira, KishidaTaro, EbiharaKiyoshi
Source:Journal of Nutritional Science and Vitaminology(0301-4800)53巻1号 Page48-52(2007.02)
PMID: 17484379
15)環境エストロゲン化合物のアポトーシス誘導と活性強化(Apoptosis Inducing and Enhancing Activities of Environmental Estrogenic Compounds)
Author:BeppuMasatoshi(東京薬科大学 薬学部環境生体応答学), NakadaiYoshie, IgarashiYu
Source:Journal of Health Science(1344-9702)52巻6号 Page831-837(2006.12)
16)Genisteinは雌DO11.10マウスにおける抗原特異的サイトカイン産生を高める (Genistein Enhances Antigen-Specific Cytokine Production in Female DO11.10 Transgenic Mice)
Author:SakaiTohru(徳島大学 国際公衆栄養学分野), KogisoMari, MitsuyaKaori, KomatsuTatsushi, YamamotoShigeru
Source:Journal of Nutritional Science and Vitaminology(0301-4800)52巻5号 Page327-332(2006.10)
PMID: 17190102
17)ゲニステインはNC/Ngaマウスにおける突発性アトピー性様皮膚炎の発症を抑制する (Genistein Suppresses Development of Spontaneous Atopic-Like Dermatitis in NC/Nga Mice)
Author:SakaiTohru(徳島大学 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部国際公衆栄養学), KogisoMari, MitsuyaKaori, KomatsuTatushi, YamamotoShigeru
Source:Journal of Nutritional Science and Vitaminology(0301-4800)52巻4号 Page293-296(2006.08)
PMID: 17087057
18)ラットにおけるストレス誘発胃粘膜病変に対する大豆ポリフェノールゲニステインの防御作用とそのホルモン機序(The Protective Effect of the Soybean Polyphenol Genistein against Stress-Induced Gastric Mucosal Lesions in Rats, and Its Hormonal Mechanisms)
Author:TakekawaSachio(日本大学 医学部消化器肝臓内科), MatsuiTeruaki, ArakawaYasuyuki
Source:Journal of Nutritional Science and Vitaminology(0301-4800)52巻4号 Page274-280(2006.08)
PMID: 17087054
19)高温環境下のウズラにおける栄養素利用と無機質状態に対するゲニステイン飼料の効果(Effects of Dietary Genistein on Nutrient Use and Mineral Status in Heat-Stressed Quails)
Author:SahinNurhan(トルコ), SahinKazim, OnderciMuhittin, SarkarFazlul H., DoergeDaniel, PrasadAnanda, KucukOmer
Source:Experimental Animals(1341-1357)55巻2号 Page75-82(2006.04)
PMID: 16651689
20)照射マウスにおけるゲニステインの造血刺激作用と生存率上昇効果(Genistein Stimulates Hematopoiesis and Increases Survival in Irradiated Mice)
Author:ZhouYong(中華人民共和国), MiMan-Tian
Source:Journal of Radiation Research(0449-3060)46巻4号 Page425-433(2005.12)
PMID: 16394633
21)前立腺癌細胞に対する大豆イソフラボン(Genistein,Daidzein,Equol)のアンドロゲンレセプター発現抑制および細胞増殖抑制効果の検討
Author:奥村太輔(昭和大学 医学部泌尿器科学教室), 小川良雄, 大森圭, 橋本享子, 直江道夫, 冨士幸蔵, 石崎良太郎, 吉田英機
Source:昭和医学会雑誌(0037-4342)66巻3号 Page187-193(2006.06)
22)大豆イソフラボンの乳癌抑制作用に関する基礎的研究
Author:松岡洋一郎(関西医科大学 第2病理), 塚本麗子, 高取聡, 堀伸二郎, 螺良愛郎
Source:乳癌基礎研究(1343-2028)15巻 Page27-31(2006.04)
23)Pueraria lobata Ohwi-伝統的中国薬-からのPuerariaイソフラボノイド及びその代謝物の解熱,鎮痛及び筋肉弛緩活性(Antipyretic, Analgesic and Muscle Relaxant Activities of Pueraria Isoflavonoids and Their Metabolites From Pueraria lobata Ohwi: a Traditional Chinese Drug)
Author:YasudaTakaaki(東北薬科大学 生薬化学), EndoMiwa, Kon-noToshiyuki, KatoTomoko, MitsuzukaMariko, OhsawaKeisuke
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)28巻7号 Page1224-1228(2005.07)
24)Genisteinによる脳内タンパク質合成に及ぼす影響
Author:柳先玉(静岡県立大学 食品栄養科学部), 河野奨, 奥山聡, 山田貴史, 辻岡和代, 早瀬和利, 横越英彦
Source:必須アミノ酸研究(0387-4141)173号 Page65-68(2005.08)