ルテオリン
英名 Luteoline、Qercetrin、Quercitin
ルテオリン
C15H10O6
286.239
491-70-3
5280445
   
抗酸化9)

細胞  ピロリ菌感染予防(ヒト胃ガン細胞)1) 、抗白内障作用(ヒツジ培養水晶体)2) 、糖尿病治療(ラット水晶体)3) 、抗アレルギー(ラットマスト細胞)5) (ラット好塩基球白血病細胞)10)、抗癌作用(ヒト胃癌、頸部癌、肺癌、膀胱癌)6) (CHO細胞)13)、酸化ストレスからの保護作用(ヒト腸細胞)7)(ラットPC12細胞)11)、アセトアミノフェンの硫酸抱合体とグルクロン酸抱合体の産生を阻害(ラット培養肝細胞)12)

動物  低尿酸血作用(マウス)4) 、収縮期血圧低下(ラット)8)、血小板活性化因子(PAF)に反応した血圧降下阻害作用(ラット)14)
   
ピーマン(赤、青)、ししとうがらし、セロリー、ハチミツ、シソ
   
配糖体はガルテオリン

シソ種子ルテオリンはアグリコン型で存在する。多くの植物中では配糖体で存在する。
肝臓で水溶性の形にすることを抱合化という。血中フラボノイドはほとんどが抱合化され、抗酸化力や生理活性が落ちる可能性があるが、シソ種子ルテオリンは一部血中においてもアグリコンのままである。
抗がん剤アドリアマイシンの副作用軽減
抗アレルギー リポキシゲナーゼ阻害剤
医療従事者のための機能性食品ガイドより
   
1)NCI-N87胃癌細胞のCD74発現に対する選択した食品中の植物化学物質の抑制効果 (Suppressive Effects of Selected Food Phytochemicals on CD74 Expression in NCI-N87 Gastric Carcinoma Cells)
Author:SekiguchiHirotaka(京都大学 農学研究科食品生物科学), WashidaKazuto, MurakamiAkira
Source:Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition(0912-0009)43巻2号 Page109-117(2008.09)
PMID: 18818744
2)水晶体培養モデルにおけるフラボノイドの作用から検討されたハチミツの推定的抗白内障作用 (Putative Anticataract Properties of Honey Studied by the Action of Flavonoids on a Lens Culture Model)
Author:VitPatricia(ベネズエラ), JacobTim John
Source:Journal of Health Science(1344-9702)54巻2号 Page196-202(2008.04)
3)Phyllostachys nigraのアルドース還元酵素と糖化最終産物の阻害効果(Aldose Reductase and Advanced Glycation Endproducts Inhibitory Effect of Phyllostachys nigra)
Author:JungSang Hoon(韓国), LeeJung Min, LeeHee Ju, KimChul Young, LeeEun Ha, UmByung Hun
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)30巻8号 Page1569-1572(2007.08)
4)選択されたフラボノイドのマウスにおける低尿酸血作用 構造と活性の関連性(Hypouricemic Action of Selected Flavonoids in Mice: Structure-Activity Relationships)
Author:MoShi-Fu(中華人民共和国), ZhouFeng, LvYao-Zhong, HuQing-Hua, ZhangDong-Mei, KongLing-Dong
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)30巻8号Page1551-1556(2007.08)
PMID: 17666819
5)抗アレルギー物質としてのフラボノイドとその関連化合物(Flavonoids and Related Compounds as Anti-Allergic Substances)
Author:KawaiMari(大阪大学医学系研究科呼吸器・免疫アレルギー内科学), HiranoToru, HigaShinji, ArimitsuJunsuke, MarutaMichiru, KuwaharaYusuke, OhkawaraTomoharu, HagiharaKeisuke, YamadoriTomoki, ShimaYoshihito, OgataAtsushi, KawaseIchiro, TanakaToshio
Source:Allergology International(1323-8930)56巻2号 Page113-123(2007.06)
PMID: 17384531
6)日常食品中の微量食品成分がヒト癌細胞に及ぼす化学的防御効果(Chemopreventive Effects of Minor Dietary Constituents in Common Foods on Human Cancer Cells)
Author:CherngJaw-Ming(台湾), ShiehDen-En, ChiangWen, ChangMei-Yin, ChiangLien-Chai
Source:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(0916-8451)71巻6号 Page1500-1504(2007.06)
PMID: 17587681
7)ヒト腸Caco-2細胞における過酸化水素による酸化ストレスに対するフラボノイド取り込みの効果 (Effects of Uptake of Flavonoids on Oxidative Stress Induced by Hydrogen Peroxide in Human Intestinal Caco-2 Cells)
Author:YokomizoAtsushi(三栄源エフエフアイ), MoriwakiMasamitsu
Source:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(0916-8451)70巻6号 Page1317-1324(2006.06)
PMID: 16794309
8)自然発症高血圧ラットにおけるPassiflora edulis外皮エキスの降圧効果(Antihypertensive Effect of an Extract of Passiflora edulis Rind in Spontaneously Hypertensive Rats)
Author:IchimuraToshiaki(産業技術総合研究所生物機能工学研究部門), YamanakaAkiko, IchibaToshio, ToyokawaTetsuya, KamadaYasuhiro, TamamuraTakako, MaruyamaSusumu
Source:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(0916-8451)70巻3号 Page718-721(2006.03)
PMID: 16556991
9)脚光を浴びる天然物 ルテオリンを例に(解説)
Author:細谷孝博(千葉大学 大学院医学薬学府)
Source:ファルマシア(0014-8601)42巻7号 Page741-742(2006.07)
10)エストラゴン及びタイム由来のクマリン,フラボン誘導体のRBL-2H3細胞からの化学伝達因子放出阻害剤としての働き(Coumarin and Flavone Derivatives from Estragon and Thyme as Inhibitors of Chemical Mediator Release from RBL-2H3 Cells)
Author:WatanabeJun(食品総合研), ShinmotoHiroshi, TsushidaTojiro
Source:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(0916-8451)69巻1号 Page1-6(2005.01)
PMID: 15665459
11)ラットクロム親和性細胞腫PC12細胞におけるリノレン酸ヒドロペルオキシド誘導性反応酸素種産生に対するフラボノイドとα-トコフェロールの抑制効果(Suppressive Effects of Flavonoids and α-Tocopherol on the Linoleic Acid Hydroperoxide-induced Generation of Reactive Oxygen Species in Rat Pheochromocytoma PC12 Cells)
Author:SasakiNaoko(甲南大学 理工 ハイテクリサーチセンター), BabaNaomichi, MatsuoMitsuyoshi
Source:Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition(0912-0009)33巻1号 Page13-22(2003.09)
12)ラット培養肝細胞および肝亜細胞調製物におけるアセトアミノフェンの硫酸抱合およびグルクロン酸抱合に対するフラボノイドの阻害効果(Inhibitory Effect of Flavonoids on Sulfo- and Glucurono-Conjugation of Acetaminophen in Rat Cultured Hepatocytes and Liver Subcellular Preparations)
Author:MorimitsuYasutake(福岡大学 薬学部), SugiharaNarumi, FurunoKoji
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)27巻5号 Page714-717(2004.05)
PMID: 15133252
13)低酸素誘導性因子(HIF)-1α活性化及び血管内皮増殖因子(VEGF)産生のフラボノイドによる特異的阻害(Specific Inhibition of Hypoxia-inducible Factor (HIF)-1α Activation and of Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) Production by Flavonoids)(英語)
Author:HasebeYuki(昭和薬科大学 微), EgawaKiyoshi, YamazakiYoko, KunimotoSetsuko, HiraiYasuaki, IdaYoshiteru, NoseKiyoshi
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)26巻10号 Page1379-1383(2003.10)
14)PAFに反応した血圧降下に対するImpatiens textori MIQ(ツリフネソウ)の影響(Effects on Blood Pressure Decrease in Response to PAF of Impatiens textori MIQ)
Author:UedaYoshimi(武庫川女子大学 薬), OkuHisae, IinumaMunekazu, IshiguroKyoko
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)26巻10号 Page1505-1507(2003.10)
PMID: 14519965