ナリンジン
英名 Naringin
ナリンジン
C27H32O14
580.539
10236-47-2
442428
   
細胞  抗酸化性、抗アポトーシス活性(マウス白血病細胞)4)
動物  高血糖予防(マウス)1)
     放射線防御2) 3)
   
ダイダイ
   
   
)db/dbマウスにおけるヘスペリジンとナリンジンの血糖低下作用は部分的に肝臓中グルコース調節作用により介在されている。
Miyake,Y.,et al.:Lipids,33,689-695,1998
高血糖の進行予防
機能性食品の事典 朝倉書店
2)ガンマ線照射マウスにおけるプロポリスとフラボノイドの放射線防御効果の評価 アルカリコメットアッセイ(Evaluation of the Radioprotective Effects of Propolis and Flavonoids in Gamma-Irradiated Mice: The Alkaline Comet Assay Study)
Author:BenkovicVesna(クロアチア), OrsolicNada, KnezevicAnica Horvat, RamicSnjezana, DikicDomagoj, BasicIvan, KopjarNevenka
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)31巻1号 Page167-172(2008.01)
PMID: 18175964
全身放射線照射の致死作用からマウスを防御し、一次性DNA損傷を軽減する。
3)プロポリスとそのポリフェノール性化合物の放射線防護特性の生存時間解析による評価 (Assessment by Survival Analysis of the Radioprotective Properties of Propolis and Its Polyphenolic Compounds)
Author:OrsolicNada(クロアチア), BenkovicVesna, Horvat-KnezevicAnica, KopjarNevenka, KosalecIvan, BakmazMarina, MihaljevicZeljko, BendeljaKreso, BasicIvan
Source:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)30巻5号 Page946-951(2007.05)
PMID: 17473440
プロポリスとそのポリフェノール性化合物の照射前投与は、マウスを全身照射による致死効果から保護すると思われた
4)388細胞における過酸化水素誘導細胞毒性及びアポトーシスに対するナリンギンの影響(Effects of Naringin on Hydrogen Peroxide-Induced Cytotoxicity and Apoptosis in P388 Cells)
Author:KannoSyu-ichi(東北薬科大学癌研究所), ShoujiAi, AsouKeiko, IshikawaMasaaki
Source:Journal of Pharmacological Sciences(1347-8613)92巻2号 Page166-170(2003.06)
PMID: 12832847
マウス白血病細胞P388細胞 NGは抗酸化性と抗アポトーシス活性を持つ有用な薬剤であることが示唆